ちっさ!冷めたわ!女性からみた器の小さな男性の5つの言動

  • 2014/9/29
  • ちっさ!冷めたわ!女性からみた器の小さな男性の5つの言動 はコメントを受け付けていません。
140310_angry
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

何をやっても「やだ・・・カッコイイ」と思われる男性がいるように、何をやっても「これは無い」と思われる男性もいる。ある程度アプローチはできているんだけど、どうしても女性の方からフェードアウトされ、連絡が途絶えて自然消滅してしまった・・・。あなたは、こんな苦い経験をしたことがあるだろうか?

ここでは、女性から見て「これは冷める」と思われてしまう言動を8つ紹介しよう。これを参考に、自分に当てはまるものがあれば早めに直すよう意識して女性に接してみるといいだろう。

1.直してほしいところを指摘したのに逆ギレ

「彼の悪い癖を指摘したのに逆ギレされた・・・。」

そんな経験をした女性はおそらくかなり多いのではないだろうか。男性としては身近な人に自分の悪い部分を指摘されるのは意外と苦痛だったりする。これを読んでいる読者の方も耳が痛い(目が痛い?)のではないだろうか。

耳が痛いだけではなく、さらに意見そのものを聞かないし、治そうともしないからタチが悪いのである。これを直すには、本人が自覚して治そうと意識すること以外にはない。ただ、有効策としては、仕事場の上司や親友のような人物に「お前それ直せよ」と指摘されること。

第三者的立場の人に指摘されると、冷静に自分を見つめなおすことができるので有効だ。
日常的に彼女からダメ出しを食らっているあなた。もしかしたら、次は上司や友人から指摘されるかもしれないので、覚悟しておこう。

2.くちゃくちゃと音を立てて食事する

いわゆるクチャラー。食べ物を噛むときに口を開けることでくちゃくちゃと音がでてしまう。ラーメン屋や居酒屋など騒がしいところで食事をしている時には気にならないのだが、高級なレストランや自宅など比較的静かな場所ではくちゃくちゃという音は聞こえやすい。

無意識のうちに相手を不快にさせている場合がある(相手はいちいち指摘しないが)ので、自覚があるのなら改めたほうがよいだろう。10代ならわかるが、20代以降だとエチケットやマナーを考えて、口を閉じて静かにものを噛むべき。

ただ、女性もクチャラーの場合があるので注意しよう。

3.ケンカをしたら過去の話題を蒸し返す

恋愛には山あり谷あり。一緒に楽しんだりすることもあれば、ケンカをすることもあるだろう。
ケンカの時にこんなセリフを聴いたことがある、あるいは口にしたことがない人のほうが少ないかもしれない。

「お前だってこの前○○しただろ!!」

ケンカの時には過去の出来事を蒸し返すのは器の小ささを表していると言っても過言ではない。過去のことは過去のこと。いちいち蒸し返すと怒りのボルテージがMAXまで高まってしまうこと間違いなしである。

ケンカになったときは冷静に、今の話の焦点はなんなのか、原因はなにか、をよく考えてみて欲しい。最も、冷静になれたらの話だが・・・。

4.気にくわないことがあったらすぐに舌打ちする

何でもかんでも「チッ・・・」と舌打ちするのはとても印象が悪いし、ガラの悪い男に見えてしまう。女性からするとこういう短気な性格の男性は願い下げだ。この「チッ・・・」という舌打ちだけならまだしも、コレに続く言葉が「使えねーな」などの罵倒だったりする。筆者的にも「いやいや、あんたは何様だよ」と思わざるをえない。

こんな器の小さな男性は近くには置いておきたくないというのが女性の本音だろう。

5.親の意見ばかり優先する

「親がそうしろっていうからやったんだけど・・・」

親の指示で自分の行動を決める男性も、女性から見るとまだまだ小さいと言わざるをえないのかもしれない。そもそも、いい年になった男が親の意見ばかりを尊重してどうするのだろうか。君に自分の意見はないの?と誰もが疑問に思ってしまうことだろう。

自分でやるべきことを決め、自分の考えで進める。これができなければ、いくら成人していてもまだまだ精神面が子供だ。女性から愛想を尽かされてしまうのも時間の問題だし、かなりストレスをかけていることを自覚した方がいいのではないだろうか。

以上、女性からみた器の小さな男性の5つの言動を紹介した。
これらを参考に、女性に好かれる男になるように自分磨きを頑張ってみてはどうだろうか。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Facebookページで最新記事をチェック!

関連記事

コメントは利用できません。

アーカイブ

ページ上部へ戻る