ネットの出会いで恋愛が発展しない5つのパターン

smaho
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

出会いの宝庫、ネット?

一昔前まででは抵抗がある人が多かったものの、ネットで出会うカップルは増えてきています。
女性に嫌われる、ネットの出会いで恋愛に発展しないパターンをまとめてみました。実は出会いの宝庫かもしれない、ネット。ぜひぜひこの記事を読んで出会いのアンテナを広げてください。

①すぐ遊びに誘う

S001_megane0320140830145957500-thumb-1114x800-5619

一言目もしくは二言目から”飲みに行こう””遊びに行こう”などと言うのは厳禁。プロフィールだけでは相手の情報なんてほとんどわかりません。あなたがどんな人か、彼女がどんな人か掘り下げてからのほうが抵抗感がなくなります。

確かにメールや電話でのコミュニケーションは少し男性にとって面倒かもしれませんが、距離感をしっかり縮めるためにも連絡はマメにしましょう。ネットで出会う女性は連絡をたくさんとりたがる傾向にあるので、出会ってからも連絡頻度は高めが求められます。

②自分のことをほとんど話してこない

BL002-waruguchijyanakatta20140810500-thumb-1200x800-5356

自分がどんな人か、何をしているかなどを軽くでも話してあげましょう。会社名などは言う必要はありませんが、ざっくりどんな業界で働いていてどこに住んでいるか、趣味興味などを話してあげたほうが会話が広がりやすいです。

出会いがネットなので、自分のことはリアルで出会ったときよりもしっかり丁寧に教えてあげる必要があります。特に、相手が興味を示しそうなこと・相手との共通点をアピールするとより親近感がわきます。

③下ネタばかり

ikebukuro-seibu120140921143908500-thumb-1132x800-5673

ネットだからといって下ネタばかりかましてくる男性がいます。論外です…。ちょっとしたコミュニケーションのつもりの冗談でも、文字面でしかも一度も会ったことのない相手だと正直引きます。

アダルトの出会い系は別として、最初の出会いは誠実な男性でいくのがベターです。

④やけに馴れ馴れしい

AL201_nomikai1220140830190036500-thumb-1233x800-5411

やけに馴れ馴れしいのも引きます。”彼氏かよ!”と思うような内容はやめたほうが無難です。いきなりあだ名で呼んできて、”今日会いたーい”など。いきなりくだけた雰囲気で来られると、下心が見え見えな気がして警戒心がマックスになります…。

あくまでも今は文字面のみでのコミュニケーションだということを忘れないでください。

⑤はじめのメッセージが”こんにちは””はじめまして”などあいさつだけ

OOK85_zabutonookawa20131223500-thumb-500x703-3994

話が広がりにくいです。基本的に、ネットの相対人口からだと男性より女性のほうが希少価値がありモテる傾向にあります。そのため、はじめのメッセージがそっけない無難なものだとそこから発展しない可能性が高いです。

プロフィールなどを見て、相手と共通の話題を添えて話題をふってあげましょう。返信しやすくなります。

いかがでしたか?

会ったことがないからこそ盛り上がる、会いたくなる…そんなネットでの出会い。なかなかリアルで出会いの幅を広げるのは難しいので、ぜひネットも活用しながら素敵な出会いを見つけてくださいね。この記事を読んだあなたにいい恋愛が訪れますように…。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Facebookページで最新記事をチェック!

関連記事

コメントは利用できません。

アーカイブ

ページ上部へ戻る