我々はモテないのではない!ソロ充男女にオススメしたい5つのクリスマスの過ごし方

Sponsored Links

C777_hartwotukurukoibito500-thumb-750x500-2331
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ようこそ!モテない男子諸君!そして女性の諸君!どうしてこの記事を開いてしまったのか、胸に手を当てよく考えてみて欲しい。

自分はモテないとわかっていて読みに来たのでしょうか?それとも、モテないのは言葉だけで実際は彼氏彼女がいたりするのでしょうか?後者の場合は今すぐブラウザを閉じて、彼氏彼女とラインでクリスマスに向けてのやりとりに集中して欲しい。たのむから。

さて、今回はクリスマスに何のお呼ばれもないソロ充男子にオススメのクリスマスの過ごし方を紹介しようと思います。いわゆる「クリぼっち」というやつですが、毎年クリぼっちな筆者には関係のないこと。クリスマスに予定のないあなたにオススメのクリスマスの過ごし方を5つ紹介します。クリぼっちを極めて、一人でも寂しくないクリスマスを過ごしましょう!

クリぼっちの過ごし方1:家族と過ごす

family

クリぼっちの王道的クリスマスの過ごし方。家族とクリスマスを迎えるのは海外ではむしろメジャーのようですが、日本においては圧倒的にカップルで過ごすことが多いもの。単身生活している人はあえて24日に有給休暇をとって家族との一時を過ごすのもいいのではないでしょうか。

クリぼっちの過ごし方2:恋愛映画を観る(ホームシアター)

6362500635_31e99d8421_b
photo by:Jon_Huang

普段恋愛とは遠い世界に住んでいるあなた。たまには恋愛映画を見てみるのもいいものです。決して現実逃避ではないですよ、ええ。映画館はカップルでごった返すはずですから、あえて自宅でおつまみとワインなんかを用意して観るのがベター。決して虚しくなんかないんだからねっ!

クリぼっちの過ごし方3:あえて街に繰り出す

MOK_tokyodomecitymiruki-way500-thumb-750x500-1171
24日の夜になると、駅前や街はカップルでごった返すでしょう。そんなところに一人で行きたくない・・・。そう思うかもしれません。ですが、あえて街なかに繰り出して擬似的に雰囲気を味わうというのもいいのではないでしょうか。スタバにPCを持って行き、「オレはノマドだ。クリスマスなんか関係ないんだよっ!」とドヤ顔でネットをしてみるのも楽しいかもしれません。あるいは、服屋さんやジュエリーショップに行って冷やかしの一つや二つをしてくるのもいいかもしれません。

「彼女さん(彼氏さん)へのプレゼントですか?」と聞かれたらしめたもの。「自分へのプレゼントです(ドヤッ)」と言えるようになれば一流のクリぼっちと言っても過言ではありません。

クリぼっちの過ごし方4:SNSに常駐する

C777_kurisumasunichato500-thumb-750x500-2313

クリスマスはリアル生活が忙しくなりますから、SNSなんてやる時間はありません。ですが、クリぼっちは暇なのでSNSで同じ状況のクリぼっちを探してみるのも楽しいでしょう。クリぼっち同士仲良くなれば、人恋しさや虚しさなんて吹き飛んでしまいますね。傍から見たら虚しいですけどね。

ちなみに、クリぼっちは男性だけではなく女性もいます!!(重要)
暇つぶしくらいの気持ちでPCMAXなどのサイトに登録してみるのもアリ。
無料登録でも初回ポイント分は遊べます。

気が合う人がいたら、「リア充爆発したらいいのにねオフ会」でも開いて、適当にお茶でもしたら良いんじゃないかな~と思いますね(ハナホジ)


クリぼっちの過ごし方5:明日に備えて寝る

PAK86_asacyun20140125500-thumb-716x500-4719
「クリスマス?そんなの関係ありません。私は明日仕事ですから。」
こんな風に何事もないように装ってさっさと寝るというのも、クリスマスの一つの過ごし方。嫌なことは忘れるに限ります。願わくば、良い夢を見たいものですね。

以上、クリぼっちにおすすめしたい5つの過ごし方を紹介しました。
クリスマスに一人だけという状況は思いのほか寂しいもの。もし近くに同じぼっちの友達がいたら、一緒に飲みに行くのもいいかもしれませんね。「そんなことだからクリスマスにお前はぼっちなんだよ!」とお互いに思うでしょうが、言わぬが仏。

ぼっちの方も、ぼっちでない方も、楽しいひとときをお過ごし下さい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Sponsored Links

Facebookページで最新記事をチェック!

関連記事

コメントは利用できません。

アーカイブ

ページ上部へ戻る