【詰め込み式】限界まで自分を追い込み成果を出す5つの方法論

  • 2014/11/23
  • 【詰め込み式】限界まで自分を追い込み成果を出す5つの方法論 はコメントを受け付けていません。

Sponsored Links

tayou85_yaritenoeigyouman20140823100721500-thumb-1200x800-5527
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あなたは仕事や勉強、プライベートの趣味で成果を出せているでしょうか?成果が出せているならそのまま継続して続けましょう。「成果が出ていなくて、どうしていいかわからない・・・・。」新社会人の方にも多い悩みですよね。ここで紹介する考え方が役に立つかもしれません。これらを実践すれば100%成果が出るわけではありませんが、是非参考にして頂ければと思います。

成果を出すための秘訣1:期限を決める

成果を出すためには、ある一定の期限を設定することが非常に有効です。長期間に渡って一つのことに集中して取り組むのは難しいもの。ですから、ある程度期間を決めておくことで集中して取り組む事ができるようになります。

何を目標にするのかによっても設定すべき期限は異なります。例えば、ダイエットしようと思う人が1年がかりでやるとほぼ確実に失敗してしまいますね。期限が長すぎるので途中で飽きたりしてしまいがち。それよりも、1ヶ月~3ヶ月と期間を設定して本気で取り組むほうが結果が出やすいですよね。また、簡単な資格取得の勉強なども1ヶ月~3ヶ月程度の目標の方が集中して取り組めるうえ、集中力が途切れるリスクを回避できます。

いつも物事が続かない人は、期限の設定を間違えている可能性があります。自分の感覚で、「ちょっと短いかな?」くらいの期限が集中力を高めてくれるのでオススメです。

成果を出すための秘訣2:あえてリスクをとる

リスクをとるというのは誰しも避けたいもの。しかし、時にはリスクをとることも必要です。夏休みの宿題を思い出してください。小学校、中学校の時に夏休み終了間際になって終わらせた人は多いでしょう。もうあとがない状況になると、嫌でも行動しなければなりませんよね。

フリーランスの方は、あえて大きな出費をして稼がなければならない状況を作るというのも、仕事への意欲と焦りを感じられるようになるのでおすすめの方法です。

実は筆者もあまり仕事をしていない時はあえて高い買い物をして、仕事にガッツリ取り組む意欲(焦りともいう)を作り出しています。お金を稼がなければならないカツカツな状況はストレスですが、ときにはこういった原動力も必要。いつもやる気がある状態はなかなか作りづらいですからね。

成果を出すための秘訣3:自分の限界に挑戦する

自分の限界に挑戦する、というのはもはや趣味の領域といっても過言ではありません。筆者の例でいうと、一日何記事執筆できるか?というのも限界へのチャレンジといえますね。最も多いときは一日15記事ほど書いた経験があります。もう二度とやりたいとは思いませんが(笑)

いずれにせよ、自分の限界に挑戦することは作業意欲を刺激するので仕事がはかどります。これは明日に回そうと思っている仕事もあえて今日中に終わらせることで、作業効率の見直しにもつながるため無理の無い範囲で積極的に行っていくのがよいでしょう。

成果を出すための秘訣4:常に新鮮な情報を仕入れ、活用する

「情報はナマモノ」とはよく言ったものです。新鮮なうちに仕入れて活用しなければ、明日には使えなくなっているものが情報です。これほど賞味期限が短いものは他にはあまりないといえますね。

ではその情報はどこから仕入れるのか?と思いますよね。しかし残念なことに情報の仕入先は自分で見つけなければなりません。ニッチな情報はそんじょそこらのウェブサイトや雑誌に掲載されているものではなく、人づてに伝わってきたりすることのほうが多いもの。

普段から友人知人・仕事仲間と情報交換をして常に情報のアンテナをはっておくことが大事です。結果を出すには行動することが最も大事ですが、その次に情報を仕入れることも同じくらい大事といえるでしょう。

成果を出すための秘訣5:成功したイメージを常に描く

成功したイメージをあなたは常に頭に描いているでしょうか?成功するには常に自分の思い描く理想を口にできるほど、明確にしておく必要があります。曖昧なままのイメージだと「別に無理して成果を出す必要もないか・・・」と諦めてしまうこともあるからです。

成功者の多くは紙に書き出して、自分の机の上やトイレに貼っておいたりしていたそうです。常に自分の目に入るところに目標書きを置いておくことで、ブレないようにしているのでしょう。常に見えるところ、枕元・PCディスプレイなど、あなたが毎日目にする場所に目標や成功のイメージを紙に書いて貼って可視化すれば、ブレずに目標にたどり着く可能性は高まります。

さて、いかがだったでしょうか。
成果を出すには、やはり行動することが最も大切。そして、それ以外にもやるべきことはたくさんあります。あなたの出したい成果がどんなことか、筆者には検討もつきません。しかし、ここで書いたことは何にでも応用が効くはず。素直に行動を続けて、ぜひとも結果を出してもらいたいと思っています。頑張りましょう。筆者もがんばります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Sponsored Links

Facebookページで最新記事をチェック!

関連記事

コメントは利用できません。

アーカイブ

ページ上部へ戻る