私がスマホにガラスフィルムが必要だと心底感じる理由を懇切丁寧に説明しましょう

Sponsored Links

glassfilm_06
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スマホにガラスフィルムではなく普通のフィルムを貼っていたり、むしろ何も貼らずにそのまま使用している人もたくさんいると思います。
私は過去に画面をぶち壊した経験から、必ずスマホにはガラスフィルムを貼るように心がけています。

そしてまた「スマホにはガラスフィルムを貼るべきだ」という出来事があったので、少しばかり重要性を訴えてみようと思います。

ふとしたことですぐ割れるスマホのディスプレイ…脆い

スマホのディスプレイはほんの些細なことですぐに壊れてしまいます。
私が初めてスマホの画面を割ったのは4年くらい前だったでしょうか・・・・。2012当時はHTC J ISW13HTを使用していたんですよね。

で、初めて手にしたスマホにウキウキしながら数ヶ月過ごしていたある日、自転車で目的地に向かう途中で道路際で止まったんですよ。
そのときにスマホを確認しようとポケットに手を突っ込んだ時手を滑らしたのが運の尽き。

不運にも手のひらから滑り落ちたISW13HTは画面側から地面に激突。大した高さではなく地面との距離も数十センチで、しかも勢いがついていたわけでもありません。なのに、画面はバッキバキに・・・。

その時は画面が割れた時の保証が使用できたものの、数千円で全交換という対応になってしまったのでした。
もちろんアドレスや電話番号などはGmailでバックアップをとっていてかつ写真もドロップボックスに全てバックアップしていたので事なきを得たのですが、それでも数千円の出費はとても痛かったのをよく覚えています。当時はまだ学生でしたからね。

それから私は、何があってもスマホの画面は守らなければならない!という思考になり、新しいスマホを買ってまず最初にすることといえば、ガラスフィルムとケースの装着が基本になったのでした。

そして再度訪れるスマホ画面割れの危機…!

その後HTCJからNexus5に機種を変更し、以降は画面割れの局面に差し掛かることはありませんでした。
まあ水没して全交換にはなったことはあるのですが…(笑)

それでも、可能な限り画面が割れることは避けてきたわけなんですれけども、画面割れの危機は突如訪れるのが世の常。
次の危機は訪れました。しかも今日。

最近は危機感が緩んでいたのと、カバーを外すことで放熱できてスマホがサクサク動くという記事を読んで試している最中だったのです。
ふとした時にスマホを手にし、椅子を立とうとした時です。スポッと手からスマホが滑り落ち、椅子の脚(金属)に「ガスっ」と音を立てて激突し、床に落ちました・・・・。

この時私は冷静に「やっちまったか・・・!?」と感じました。なんだって一度経験すると耐性はつきます。
しかしやっちまったのが現在のメイン機のNexus6Pだったのが痛い。

恐る恐る画面を見てみると・・・。おや?なんかぱっくりいっちゃうんじゃないかと思ったけど意外と大丈夫そう?

glassfilm_01

しかし角度を変えて見てると、大きなヒビが入っている!!

glassfilm_04

上部を見てみると小さいながらも衝撃で割れた形跡が見られます。

glassfilm_03

そして右下を見ると、衝撃からか空気が入ってフィルムが浮いてしまうようになっていました。

glassfilm_05

これは本格的にヤバイかも・・・そう思ってガラスフィルムを剥がしてみると・・・。

glassfilm_06

はい、ガッツリ割れてしまっていました。左右、そして真ん中と均等に三分割されてるのはなんでか知りませんが、ほんのちょっとしたことで画面は割れてしまう。そのことを思い知らされた次第です。

フィルムがこの状態だと画面の安全も危ういのでは・・・。またしても恐る恐るスマホの画面を確認する私。

なんと本体画面は全くの無傷!ガラスフィルム様様でした

glassfilm_07

ありがたいことに無傷でした。
上下左右、色々と角度を変えながら光を反射させてみても割れた形跡は見当たりません。

glassfilm_09

気になっていた上部のひび割れも本体画面には影響なし。

glassfilm_10

ガラスフィルムのひび割れの支点となっていたサイド部分ですが・・・
なんとこちらも何のダメージもなしでした。

これはもうガラスフィルム様様という他ありません!
貼っててよかったガラスフィルム!

まとめ:ガラスフィルムを貼ると落としても本体液晶への影響をかなり減らせる

glassfilm_11

というわけで、不注意でスマホを落として画面を壊したかとヒヤヒヤしたもののなんとか無傷で済んでホッとしたという話でした。
いや、本当に良かったです。ガラスフィルムが割れた程度なら1000円出してまた買えばいいだけの話なんですが、本体液晶が割れたとなるとうん万円の修理費がかかってしまいます。

「保険は不幸の宝くじ」と言いますが、スマホに関しては掛け金が安いし、保険をかけている(カバーやガラスフィルムを貼る)ことで得るメリットがものすごく大きいなと実感しました。

逆に、なんの対策もしていない時のことを考えるとゾッとします・・・。
ですから、もしあなたがガラスフィルムをスマホにつけずに使用している場合、絶対につけておいたほうがいいです。
ガラスフィルムは高くても1000円ちょっとですし、普通のフィルムよりも厚みがあるため衝撃に対する耐性が高いです。

私が今回割ってしまったのはLiliEの0.3mmガラスフィルムでしたが、操作性が落ちたりすることは全くありませんでした。今回のガラスフィルムのレビュー記事は以下です。ぜひ参考にしてみてください。
>>Nexus6PにLiLiEのガラスフィルムを貼ってみた。綺麗に貼れて操作も滑らか!

今年の3月頃から使用を始めたので買い換えるまでに半年くらいの期間があったということ。もちろんもっと長引かせる事もできたでしょうし、場合によってはもっと早く買い換えるはめになっていたでしょう。

いずれにせよガラスフィルムはスマホに対する保険みたいなもの。
いつか起こる事故に備えるための必要経費と考えて、必ず装着しておくことが大事だと私は強く考えます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Sponsored Links

Facebookページで最新記事をチェック!

関連記事

コメントは利用できません。

アーカイブ

ページ上部へ戻る