20代の私がリスクを取ってでも投資の世界に踏み込んだ理由

Sponsored Links

176aaf95b2b172eac20ace635d9156ec_s
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今の時代、自分からわざわざリスクを取るのはバカバカしいという考え方の方もいるでしょう。
やっとのこと就職できた会社だけど、やりたいことじゃないから転職したいというと、「やめとけ」と言ってくる人がいるはず。

あなたの身の回りにもいるでしょうし、あなた自身も「やめといたほうが良いんじゃないの」と親切心で言うかも知れません。と言うか、私もそう言ってしまうかもしれません。

リスクを取ることに意味はあるのか

確かに、現状として特に不満がなければ現在の仕事をそのまま続けていれば問題ないですし、頑張れば来年には給料が少し増えるかもしれません。しかも、食べるに困ることはないはず。

でも、なぜか漠然と拭い切れない不安がある・・・。これ、20代の方の多くが抱いているんじゃないでしょうか。

年金が本当にもらえるのかもわからないですし、その時になって仕事があるのかどうかも定かで無い・・・。そりゃ、不安に思うのが当たり前ですよね。

私達の不安の根源は、お金なのかもしれません

かといって、現在もらえる給料は家賃や水道光熱費、奨学金の返済をしてちょっと自由に使ったら貯蓄できるのはせいぜい3万円程度が限度。

こんなんじゃ将来が全く見えてこないんですよ。
結婚して子供を育ててなんてできそうに思えないんです。
たとえ結婚できて子供ができても、子育てにかかるコストのことも考えたら家計は常に火の車だというのが目に見えている。

自分の趣味も満足に楽しめないのであれば、やっぱり一人で暮らしていくのが良いのかな、なんて思っても仕方ないんじゃないのかなと。

でも、自分としては趣味も楽しみたいですし、出来るのであれば結婚も子育てもしたいと思っているわけで。充実した老後にも興味があります。

そのためには、やはりお金の不安を解消する以外に方法はありません

長くなりましたが、こういう理由で私は投資の世界に一歩踏み出してみました。

20代から始める投資のメリットを考えてみた

「何事も早く始めるのが良い」というのは経験則から誰もが導ける答えですよね。
ですが、投資に関しては意外と実践している20代の方は少ないように思います。

イメージ的にもお金の余っている年配の方が行っている姿を想像してしまいますしね。

しかし、私個人としては早めに投資を始めることでお金に対する不安を解消することが出来るのではないかと考えています。

というのも、若ければ若いほどリスクを取れるという大きなメリットがあるからです。

年齢を重ねれば重ねるほど人的資本は目減りしていくため、リスクを取りにくくなってしまうということですね。

同じ50万円でも年齢により価値は異なる

20代なら50万円の損をしても4ヶ月くらいみっちり働けば回収できるわけですが、60代で50万円の損をしてしまうと取り返すのが大変です。定年退職後に損失を出してしまった場合、収入源がないので精神的にもかなりキツイ思いをしなければいけません。

20代にとっての50万円と、60代にとっての50万円は同じ50万円でも価値が全く異なるのですね。

だからこそ、早めに投資を初めて積極的にリスクを取り、リターンを得ようというのが私の考えです。
現在の仕事の収入を確保しつつ投資に回すことで、少しずつ収入を増やしていくのが目標ですね。

当然ですが、投資をするには資金が必要で、その資金はどこから賄うのかというと現在の仕事です。
現在の仕事の稼ぎが増えれば増えるほど、投資に回せる資金も増えますし、取れるリスクも増えます。

リスクが増えるのは嫌ですが、そこはたくさん失敗をして学んでいけばよいかなと。

そして私は投資を始めたのでした

株式投資には信用取引もありますが、私はあまりリスクをとりたくないので現物のみで運用しています。
信用取引も活用すればFXのようにレバレッジを効かせられるのですが、FXで痛い目を見たのでやっていませんし、今後もやりません・・・・。

今のところプラスではあるものの、2016年は厳しい1年になりそうですから初心者の私には大変そうですが、なんとか生き残れるように頑張ります。。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Sponsored Links

Facebookページで最新記事をチェック!

関連記事

コメントは利用できません。

アーカイブ

ページ上部へ戻る