Nexus5からNexus6Pに乗り換えてみたレビュー!カメラやスピーカーのスペック大幅アップを体感

Sponsored Links

nexus6Prev_20
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

私は2014年の5月頃旧イーモバイル(現ワイモバイル)にてNexus5を契約して使っていました。
Nexus5の性能については現在も十分満足できるレベルですし、昨今のでかすぎるスマホのような持ちにくさなどもなくコンパクトでそれでいてストレス無く使えるモデルだと思っています。

なぜNexus5からNexus6Pに乗り換えたのか?

ただ、外観のチープさ、カメラの暗所での弱さ、スピーカーのショボさのみが残念というのはNexus5を使っている方はよくわかっているはず。

それらのデメリットはあったものの、満足して使えるモデルだったわけですが、新しい機種が出てくるとやっぱり欲しくなってしまうんですよね。

で、Nexus5から買い換えるにあたってはじめに検討したのがNexus5Xです。
(↓Nexus5X)
NEXUS5x

カメラの画質はNexus5の800万画素から1230万画素まで大きく上がったので、簡単なスナップでもコンパクトデジカメレベルで撮影できるようになりました。

スペック面では申し分ないわけですが、見た目はやっぱりチープだし、せっかくだからミドルエンド機ではなくハイエンド機を選んでみたい!という気持ちからNexus6Pを選ぶことにしました
(↓Nexus6P)
Nexus6p

Nexus6Pはソフトバンクと契約することでも使えますが、ソフトバンク版のNexus6Pはsimロックがかかっています。
ソフトバンク版のsimロックを解除することは可能ですが、手数料とムダな手間がかかってしまうことを考えると、素直にGoogleストアからsimフリー版を購入した方が確実。

どっちが良いかは人によりますが、MVNOなどの格安simをバリバリ活用したいという方は初期費用がちょっと割高でもGoogleストア版を購入するのが良いということです。

しかも私はワイモバイルなので、わざわざソフトバンクに乗り換えたいとか思いません。
今はもう契約できない割安の4G-Sプランなので、既にある程度安く運用できていますからね。

というわけで、私はGoogleストアからsimフリーのNexus6Pを購入したのでした。

Nexus6Pが到着するまでたった3日!はやい!

nexus6Prev_01

Nexus6PをGoogleストアで注文したのが3月1日。シンガポールからの国際配達になるため、結構時間がかかるのかなと思っていましたがそんなことはありませんでした。注文からわずか3日で到着。めっちゃ早い。
ちなみに、アップルストアからsimフリーiPhoneを購入しても3日位で届きます。国際便ってこんなに早いものなのかとちょっとビビりますね。。

その間にケースや画面保護フィルムなどのアクセサリー類を買い揃えておくと良いでしょう。
Nexus5からNexus6Pに移行する方はsimカードの大きさに注意する必要があります。

Nexus6Pの同梱物

nexus6Prev_02
というわけで、次に同梱物などを見ていきたいと思います。

nexus6Prev_03
箱を開けてみるとこのようになっています。必要最低限のものしか入ってないですね。
最近のスマホは分厚い説明書とかもなく簡素なイラスト図のみというものが多いでしょうから、お年寄の方とかは大変なんだろうなぁと思ったりしますね。

nexus6Prev_04
こちらが中身一覧。
左から本体、真ん中上が両端がタイプCのUSBケーブル(約50cm)、真ん中下が両端がタイプAからタイプCへの変換ケーブル、右上がタイプC用のACアダプタで、右下が保証書とsim取り出し用のピンになっています。

nexus6Prev_05
変換コネクタはPCとの接続などの時に使うのが良いかもしれません。短いので必要に応じて買い換えたほうが良さそう。

nexus6Prev_06
タイプCのUSBケーブルです。長さが50cm程度なのでよほどのことがない限りは使いやすい長さだと思います。
タイプCのUSBケーブルの特徴として、上下どちらから差し込んでも使えるのが特徴

タイプAなどのUSBに慣れ親しんできた身としてはちょっとした衝撃でした。だって上下をいちいち気にしなくていいなんて、ラクすぎでしょ!

nexus6Prev_07

タイプC用のACアダプタです。今後はもっとタイプCのUSBが普及することを願います。。。

本体レビュー

nexus6Prev_08
同梱物について見たところで、次に本体を見ていきます。
nexus6Prev_11
こちら右側面。見て分かる通り、Nexus6Pは音量調節ボタンが右側面に配置されました
反対にsimスロットは左側面に配置されています。

左手で本体を持って親指で音量調節していたのでこの変更はちょっとフクザツな気分になりますが、慣れたらどうってことはないのかもしれません。

Nexus5とNexus6Pの大きさ比較

nexus6Prev_19

写真で見たら5.7インチってそんなに大きくないように見えますよね?
ここでその幻想をぶち壊す

単純に並べた大きさ比較

単純にNexus5と並べて比較してみます。

Nexus5は約5インチディスプレイですが、Nexus6Pは約6インチディスプレイなので一回り大きいです。
Nexus5でもちょっと大きいかな?と感じていた方には相当大きく感じるはず。

nexus6P-nexus5_05
ちなみに、Nexus6Pの液晶はちょっと尿液晶っぽく、Nexus5の液晶と比べると黄色いです。
写真ではわかりづらいですが、発色はかなり濃い目のように見えますね。

おまけでKindle fire2015も並べてみました。

nexus6P-nexus5_06
Kindle fireが7インチタブレットなので、それよりは一回り小さいものの、大きいことには変わりありません。

Nexus6Pの重さは178グラムで、130グラムのNexus5より重くなっており、持ち続けると結構疲れます

手に持った時の大きさ比較

nexus6Prev2_01
まずはNexus5から。手に持ってみるとガッチリとホールドできます。
私の手はそれほど大きくないのですが、それでも5インチ程度であればなんとか手に収まります。


親指が画面右端まで届きます。上部にもまあまあ届きました。

nexus6Prev2_08

一方Nexus6Pの場合はというと、手には収まるものの、かなりギリギリと言った感じです。


でかすぎて親指が画面右端まで届きません。
片手操作は諦めたほうが良さそうです。
文字入力の時は諦めて両手操作したほうが確実でしょう。

Nexus6Pのスピーカーの音質がぶっちぎりで向上!

全面上部と下部にはスピーカーが設置。

Nexus5がモノラルスピーカーで音質も残念なレベルだったのに対し、Nexus6Pは前面上下にステレオスピーカーが配置されているため、立体的なサウンドを楽しめます。

音質ですが、Nexus5は低音域と高温域が聞き取りづらくこもって聞こえていたのに対し、Nexus6Pは高温域、低音域がくっきりクリアに聞こえるようになりました。中音域のモコモコした感じも解消されたので、高品質で音楽を楽しめるかなと。
よくスマホで音楽を聞くという方には嬉しいスペックアップです。

Nexus6PとNexus5で同じ曲を聴き比べるとかなり差があることがはっきりわかると思います。この比較をした後のNexus5の音質については正直言って聞けたものではないという評価に収まるのが自然ですね。

要するに、誰でもわかるくらい音質に違いがあるということです。

インカメラの画質も大幅アップ!

もちろんインカメラも付いています。Nexus6Pのインカメラは800万画素ですのでものすごく綺麗に映りますよ

Nexus5のインカメラの画素数が130万画素だったことを考えるとすさまじい画質アップと言えるでしょう。
友達との自撮りを楽しみたい方にはかなりオススメできるかなと感じますね。

後日、インカメラの比較画像を撮影しようと思います。

インカメラの画質について

nexus6Prev_13
背面はこんな感じ。アルミボディと金属フレームのおかげで安っぽさはゼロになりました。
はい、カッコイイですね。

nexus6Prev_15

背面ボディはザラッとした質感ですがかなり綺麗です。
「nexus」の刻印がシールなのは相変わらず。Nexus5のときは溝にシールを埋めてあっても使っているうちにポロッと剥がれてきました。多分それはNexus6Pで変わらないのでしょう。

シールが剥がれるとダサいので、剥がれないように気をつけよう!としか言えません。。

nexus6Prev_14
下部には中国資本のメーカーであるHUAWEI(ファーウェイ)の刻印があります。
LGのように目立たないように配置されているのが良いですね。

nexus6Prev_16

この丸い部分で指紋認証を行います。iPhoneなどは前面にあるのでそれに慣れている方はちょっと使いづらいかも。
指紋認証って初めて使ったんですがめっちゃラクですね。

私は今までロック解除にパスやパターンを使っていたのですが、これならすぐにロックが解除できて使えます。しかも安全ですしね。私は念の為に指紋認証とパターンの両方でロックしています。

nexus6Prev_12

こちらは背面上部。イヤホンジャックの位置はNexus5と同じでした。

nexus6Prev_18

右側面にはボタン類はなく、nanosimスロットのみが配置されています。

背面カメラについて

nexus6Prev_17
背面上部にはかなり目立つカメラが配置されています。
画素数は1230万画素でNexus5と比べるとかなり画質アップしています。

また、動画に関しては4K動画撮影や240FPSのスロー撮影ができるハイスペックカメラになってます。
何らかの実験や楽器の演奏の撮影などに使うと効果的で実用的ですね。水滴が落ちる瞬間なんかを撮影するとクリエイティブな気分になれるかも。

こちらもインカメラと同じく後日撮影比較を行いたいと思います。

ちなみに、横から見たNexus6Pの厚みはこんな感じです。
nexus6Prev_22
カメラは出っ張っているように見えますが、実際はそれほど出っ張っていないようです。

nexus6Prev2_05
Nexus5と比較すると、若干ですが薄いです。

まとめ:Nexus5から大幅スペックアップのNexus6P。善は急げで乗り換えたい

というわけで、ざっくりとではありますがNexus6Pのレビューをしてみました。
ここでNexus6Pのメリット・デメリットを簡単にまとめておきたいと思います。

Nexus6Pのデメリット

・単純に端末価格が高い(7万円ほど)
・でかすぎて片手操作が困難
・携帯性に疑問(ズボンのポケットに入れるのが怖い)
・ワイヤレス充電ができない
・重いので長時間持ち続けられない
・尿液晶気味
など

Nexus6Pのメリット

・画面が大きくなったことでネットも動画も視認性アップ
・スピーカーがステレオになり音質も向上
・インカメラ、背面カメラともに画質が大幅アップ
・指紋認証によりセキュリティ性の向上(同時に即時起動が可能に)
・USBタイプCにより充電時などに端子の上下を気にする必要が無い
・メモリ3ギガなので重くなることはまずない
など

画面が大きいことはデメリットにもメリットにもなります。
スペックは非常に高い端末なので、それ以外で不満に思うことはまずないんじゃないかなと思います。

ちなみに、アンドロイド端末からアンドロイド端末へ機種を変更する場合、写真や動画、音声以外のアプリや端末の設定は「設定」→「付近の端末の設定」によりそのままコピーが可能です。

ブラウザのブックマークやパスワード、Gmailアカウントや電話帳などもそのまま引き継がれるため事前のバックアップが必要ありません。

便利すぎてもうアンドロイド端末以外使いたくなくなりましたね。。

私はGoogleストアでsimフリー版を買いましたが、初期費用を抑えて使いたい方はソフトバンクでMNPするのが良いかもしれません。

個人的にはNexus5から乗り換えて大満足の端末だったので、気になっている方はぜひ乗り換えを検討してみてはどうでしょうか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Sponsored Links

Facebookページで最新記事をチェック!

関連記事

コメントは利用できません。

アーカイブ

ページ上部へ戻る